周りの人はどんどん株を始めていて、1人取り残されたという経験はありませんか?今からでも全然間に合うので、株を始めてみましょう。

日本円の札と相談する人たち
  • ホーム
  • 多額の損失を被るサイバー攻撃とセキュリティ関連株

多額の損失を被るサイバー攻撃とセキュリティ関連株

硬貨とグラフ

情報通信技術は社会になくてはならないものになっています。
国家や企業のサーバーが動作しなくなれば、商品やサービスの提供が停止して、人間の生活に大きな影響を及ぼします。
インターネットは有線より無線の方が割合が大きくなっていることで、情報を傍受され、個人情報を盗み出されたり、他人の金融取引に入り込む可能性もあります。

このようなサイバー攻撃を受ければ、企業であれば倒産するような多額の損失を被ることになります。
国家や企業にとっては、情報通信技術を利用している以上、サイバー攻撃の対策は絶対に行わなければなりません。
また、サイバー攻撃は日々、進化しているため、サイバー攻撃の対策は絶え間なく継続的に行う必要があります。

情報通信技術は生活の至る所で利用されていますが、今後、仮想通貨、IoT、人工知能の発達によって、現在と比較にならないほど、情報通信技術は利用されていきます。
それに比例して、サイバー攻撃の対策需要が増えていきます。
サイバー攻撃の対策需要が増えるということは、セキュリティ関連企業にとって、追い風となります。
日本は少子高齢化によって、国内需要が減少傾向になると予想されていますが、セキュリティ関連の市場規模は国内だけでも拡大傾向が続いています。

日本は2019年にラグビーワールドカップ、2020年に東京オリンピックとパラリンピックが開催されます。
世界中が注目する国際大会が開催されることによって、サイバー攻撃の標的になりやすくなるので、国家としてはサイバー攻撃の対策を一段と強化する必要があります。
そのため、セキュリティ関連企業にとっては、大きな需要が期待でき、セキュリティ関連株は注目銘柄といえます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧